日米韓外相、北朝鮮問題で足並み

北朝鮮
日韓対立
2020/2/15 22:17
保存
共有
印刷
その他

【ミュンヘン=佐堀万梨映】ドイツのミュンヘンを訪問中の茂木敏充外相は15日、ポンペオ米国務長官、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談した。北朝鮮情勢について3カ国の方針を擦り合わせ、引き続き連携していくと一致した。新型コロナウイルスに関し、感染拡大防止に向けた中国の取り組みを支持し、国際社会として支援する方針を確かめた。

日米韓外相会談に臨む(左から)韓国の康京和外相、ポンペオ米国務長官、茂木敏充外相(15日、ドイツ・ミュンヘン)

日米韓外相会談に臨む(左から)韓国の康京和外相、ポンペオ米国務長官、茂木敏充外相(15日、ドイツ・ミュンヘン)

中東情勢など地域情勢についても意見交換した。日米韓外相会談は、1月の米シリコンバレーに続いて2カ月続けて開いた。日米韓はミサイル発射など挑発行動を繰り返してきた北朝鮮を念頭に、会談を通じて連携姿勢を改めて示す狙いだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]