/

新型肺炎、厚労相「従来と状況違う」 感染経路追えず

国内で新型コロナウイルスの感染確認が相次いでいることを受け、加藤勝信厚生労働相は15日、記者会見を開き、感染経路が判明していないケースが複数あるとして「これまでと状況が異なっている」と述べた。政府は16日夕に内閣官房の専門家会議を開催し、国内の感染状況の評価を仰ぎ、被害拡大を防ぐ対策などを検討する。

15日には、医師の感染が確認された和歌山県の病院で新たに同僚の医師や患者など3人の感染が確認された。県によると「院内感染とみられる」という。15日には東京都で感染したタクシー運転手と同じ屋形船に乗船した人など8人のほか、名古屋市でも1人の感染が確認された。

院内感染や市中感染が広がっている可能性があり、加藤厚労相は「医学的、科学的評価には専門家の判断が必要」と述べた。高齢者や持病のある人などが新型ウイルスの感染を疑われた場合、医療機関の専門外来を受診するかどうか判断する目安をつくる方針も明らかにした。発熱が続くことなどを盛り込む見通し。

厚生労働省は症状がある人の電話相談を受ける「帰国者・接触者相談センター」の電話回線の増加や運用時間の拡大を検討。同センターから紹介を受け、感染の疑いのある人を診察する「帰国者・接触者外来」を現在の約660カ所から2009年の新型インフルエンザ対応と同じ約800カ所に増やす方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン