日米、クルーズ船対応前倒し 感染拡大で乗客に不安

2020/2/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ダイヤモンド・プリンセス」には55カ国・地域の多くの外国人が乗船している

「ダイヤモンド・プリンセス」には55カ国・地域の多くの外国人が乗船している

新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、日米両政府がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船する米国人の帰国前倒しを決めた。乗客乗員の相次ぐ感染者増など想定外の事態で不安が増幅し、米国を含む海外からの批判も強まった。米国の要請を受け日本政府が検討を急ぎ、米国以外の国からの要請にも応じるなど対応策を固めた。

安倍晋三首相は15日、首相官邸に関係省庁の幹部を集め、クルーズ船に乗る外国人の対応を協議した。検査で陽性の人を除く米国人の希望者は米政府が用意するチャーター機で帰国させる方向で調整…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]