ヒアリ侵入防げ 巣に薬剤、探知犬…五輪控え対策急ぐ

2020/2/15 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は今春から、強毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」の侵入や拡散を防ぐ水際対策に力を入れる。巣ごと根絶できる薬剤を散布し、ヒアリを嗅ぎ分ける探知犬の導入も検討する。巣を作りやすいアスファルトの割れ目の補修にも取り組む。専門家からは「暖かくなるこれから脅威が高まる」との指摘が出ている。今夏に東京五輪・パラリンピックを控え、訪日客らの安全に備える。

ヒアリは2017年に神戸港で見つかって以降、20年1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]