/

この記事は会員限定です

広がる減損、かすむ等身大の稼ぐ力 丹念な分析必要

[有料会員限定]
日経ヴェリタスの名物コーナー、金融記者座談会の「放電塔」。上場企業の決算発表で相次いだ「減損」について話し合いました。

D 2019年4~12月期を中心に上場企業の決算が先週までにピークを迎えた。今回はこれまでにも増して想定外の連発だったね。

M 先陣を切ったのは日本電産で電気自動車(EV)駆動用モーターの生産準備費用を理由に通期業績予想を下方修正した。米中貿易摩擦による設備投資減速などが指摘されていたから、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1946文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン