/

東京五輪開催、WHO「可否判断しない」

マイク・ライアン氏は大規模イベントの開催可否を巡って、WHOは技術的な助言をするのが役割と語った=ロイター

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は14日、新型コロナウイルスの感染拡大で2020年東京五輪の開催に関する懸念が出ていることについて「WHOは開催可否を判断する立場にない」と強調した。国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長がWHOから延期や中止は不要と伝えられたと話したことについては「助言は何もしていない」と否定した。

WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は記者会見で、リスク評価など「技術的な支援などをするのがWHOの役割」と強調した。大会組織委員会などと密に連携していく考えを示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン