VW、排ガス不正車の購入者に補償金 独で最大990億円

2020/2/15 0:36
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)は14日、排ガス不正の対象車を購入したドイツの消費者に対し、最大8億3千万ユーロ(約990億円)の補償金を支払うと発表した。独国内の購入者約40万人が起こした集団訴訟で、VWが消費者団体との間で進めていた和解交渉は決裂したが、消費者への補償自体は実施する。排ガス不正にともなう費用負担はさらに拡大する。

VWのディーゼル不正にともなう費用は拡大を続ける=ロイター

VWのディーゼル車による排ガス不正は2015年に米国で発覚。VWは米国の消費者に対しては買い戻しや賠償を実施していたが、ドイツの消費者には補償していなかった。VWは排ガス不正に関連してこれまでに300億ユーロ以上の罰金や賠償金を支払っている。

VWによると、和解案の交渉相手だったドイツ消費者機関連盟(vzbv)が弁護士費用として5千万ユーロを求めたことについて「正当化できない」としてVWは14日、和解案を拒否。一方、交渉決裂が消費者の不利益になるべきでないとして、交渉していた内容の和解案を訴訟に参加していない購入者を含めて提示した。

vzbvは交渉決裂の理由について「VWが透明性のある補償の仕組みをつくることに消極的だった」とVWを非難した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]