シリア、人道危機深まる 政権猛攻で最多の避難者

中東・アフリカ
2020/2/15 0:16
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=共同】シリア内戦で人道危機が深まっている。アサド政権軍が反体制派の最終拠点、北西部イドリブ県に猛攻をかけ始めた昨年12月以降、氷点下まで冷え込む寒さの中、県人口約300万人のうち約70万人が住居を追われた。一定期間の避難者数としては約9年続く内戦で「最悪」(国連)の事態だ。

「18時間も路上にいる」。2歳と2カ月の娘2人を連れ、徒歩で避難中の女性ジュディ・ハラビーさん(32)が12日、…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]