新型肺炎で綱渡りの生産継続 コマツは中国外から部品

新型肺炎
エレクトロニクス
自動車・機械
2020/2/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に伴い中国のサプライチェーン(供給網)の混乱が続く中、企業が調達先の変更や代替生産を検討する動きが出てきた。コマツは中国からの部品調達を日本やベトナムに切り替え、ダイキン工業はマレーシアでの代替生産を検討する。自動車産業などが集積する湖北省の地方政府は企業の休業措置を20日まで延長。長期停滞の懸念から生産や物流の戦略を練り直している。

コマツは中国の自社工場や協…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]