/

この記事は会員限定です

新型肺炎で綱渡りの生産継続 コマツは中国外から部品

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大に伴い中国のサプライチェーン(供給網)の混乱が続く中、企業が調達先の変更や代替生産を検討する動きが出てきた。コマツは中国からの部品調達を日本やベトナムに切り替え、ダイキン工業はマレーシアでの代替生産を検討する。自動車産業などが集積する湖北省の地方政府は企業の休業措置を20日まで延長。長期停滞の懸念から生産や物流の戦略を練り直している。

コマツは中国の自社工場や協力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン