「市中感染」どう抑える 新型肺炎、確定診断に時間
医療機関に相談急増

新型コロナ
2020/2/14 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎で、神奈川県で80代女性が死亡するなど国内での感染確認が相次ぐ。中国への渡航歴がないなど感染源を追えない「市中感染」の疑いがあり、国内での流行も想定した新たな医療体制が必要な段階に入った。政府は検査網の増強を急ぎ、専用病床以外でも入院可能な態勢を整える。患者が急増しても医療機関がパンクせず、重症者を確実に治療できる対策が求められる。

新宿駅前クリニック(東京・新宿)で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]