/

この記事は会員限定です

「市中感染」どう抑える 新型肺炎、確定診断に時間

医療機関に相談急増

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる肺炎で、神奈川県で80代女性が死亡するなど国内での感染確認が相次ぐ。中国への渡航歴がないなど感染源を追えない「市中感染」の疑いがあり、国内での流行も想定した新たな医療体制が必要な段階に入った。政府は検査網の増強を急ぎ、専用病床以外でも入院可能な態勢を整える。患者が急増しても医療機関がパンクせず、重症者を確実に治療できる対策が求められる。

新宿駅前クリニック(東京・新宿)では、新型肺炎の拡大で不安を訴えて訪れる患者が日々増えている。

かぜの症状がある患者には武漢の渡航歴を尋ねてきたが、今後は対象を海外全般に広げることを検討中。蓮池林太郎院長は「我々にもインフルエンザとの見分けは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1831文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン