大阪万博建設費3割増? 人件費や建材費が上昇

2025年 万博
関西
大阪
2020/2/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場建設費(約1250億円)が上振れする可能性が強まっている。算出した17年当時に比べ人件費や建築資材費が上昇。大阪府内では20年代前半に大型工事が相次ぐ見込みで、さらなるコスト上昇が懸念される。必要額が大幅に上がれば、国と府・市、経済界が3分の1ずつ負担するという資金計画に影響する可能性もある。(大元裕行、増野光俊)

「上振れを考えながら計画を立てること…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]