/

この記事は会員限定です

大豆、楽観できぬ上昇 ブラジルで過去最高の豊作

[有料会員限定]

米中の貿易摩擦の緩和期待を追い風に上昇してきた大豆先物の上値が重くなってきた。「第1段階の合意」は発効したが、実効性への不信感がすでに市場にまん延し、買いの勢いをそいでいる。大豆の最大生産国のブラジルでは、過去最高の豊作になることが確実視される。新型肺炎の感染拡大の先行きも見通せず、大豆相場には重い空気が流れ始めている。

大豆は食用油の原料のほか、家畜の飼料になる。シカゴ市場の大豆先物(期近)の日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン