「自虐PR」の志摩スペイン村、集客130万人に AR好評

2020/2/18 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三重県志摩市のテーマパーク「志摩スペイン村」の2019年度の利用者数が前年度を約10万人上回り、5年ぶりに年間130万人台を回復する見通しとなった。「並ばないから乗り放題」などと客の少なさを逆手に取った「自虐PR」が集客につながったという。

仮想現実(AR)を使った参加型のアトラクション「オバケハンター」が8日、園内に導入された。夜の小学校に現れるオバケを特製の銃で退治し得点を競う。花をテーマに…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]