博多ポートタワーから煙 改修工事で休館中

2020/2/14 20:58
保存
共有
印刷
その他

14日午後3時5分ごろ、福岡市博多区の博多港にある博多ポートタワー(高さ100メートル)から煙が出ていると通行人から119番があった。タワーは改修工事のため休館中で、当時工事関係者ら10人前後がいた。体調不良を訴えるなどした3人が病院に運ばれたが、異常はなかった。

外観上、火炎は確認できず、博多臨港署などは原因を調べている。

タワーは70メートル部分に展望室があり、最近の入場者数は年約30万人。近くに住む70代男性は「昔から博多のシンボルで、思い出の場所。無事に改装が終わってほしい」と心配そうに見つめていた。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]