大阪大など 低分子で遺伝子治療、ハンチントン病に有望

大学
関西
大阪
科学&新技術
2020/2/15 1:00
保存
共有
印刷
その他

大阪大学の中森雅之特任講師らの研究グループは、神経細胞の遺伝子の異常で起きるハンチントン病の治療につながる低分子化合物を開発した。生体が備える遺伝子修復の仕組みを引き出し、病気の原因となるDNAを切り取る。他の神経の難病にも応用できるとみており、企業と協力して実用化を目指す。

ハンチントン病は脳の神経細胞のDNAの一部が長く伸び、異常なたんぱく質が作られ凝集して発症する難病だ。意思とは関係なく体…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]