/

飯綱高原スキー場、2月16日で閉鎖へ

長野市は14日、今シーズン限りで閉鎖を予定している飯綱高原スキー場(同市)を2月16日に営業終了すると発表した。暖冬に伴う雪不足が原因で、3月15日までとしていた従来予定を1カ月ほど早める。長野市の市街地から近く、1998年の長野冬季五輪でも使われるなど市民に親しまれたスキー場は、開業から55年で幕を閉じる。

16日はリフトを無料開放する。このほか同スキー場のゆるきゃら「づなっち」のグッズが当たる抽選会などのイベントも開催する計画だ。

飯綱高原スキー場は市開発公社が運営する。近年は国内スキー客の減少などで採算が悪化。市は民間への事業譲渡を模索したものの応募がなかったため、閉鎖を決断した。今シーズンは雪不足で降雪状況に応じコースの開閉を繰り返していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン