アジャイルメディア、島根・大田に事業所

2020/2/14 19:09
保存
共有
印刷
その他

インターネットを使ったマーケティング支援事業などを手掛けるアジャイルメディア・ネットワークは、島根県大田市に事業所を設ける。空き店舗を活用し、4月からメールマガジン配信、イベント企画などの顧客支援事業を始める。同社は東京都港区の本社のほか、大阪市にオフィス、台湾に支社を持つが、国内の地方都市に拠点を設けるのは初めて。

JR大田市駅近くの空き店舗(木造2階建て)を改修し、2階部分(約60平方メートル)に自社オフィスを設ける。1階部分(約30平方メートル)はシェアオフィスとして整備する計画で、地元企業などの活用を促す。事業所開設3年後までに、7人の新規雇用を予定する。

島根県、大田市と立地に関する覚書を結んだ。県は雇用計画に対し910万円、市は500万円を助成する。上田怜史社長は大田市への進出を決めた理由を「事業開始後の展開についても支援を約束していただけるなど、誘致に向けた熱意が感じられた」と語った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]