/

五輪準備「良い形で進んでいる」 IOC幹部が評価

国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は14日、2020年東京五輪の準備状況について大会組織委員会との2日間にわたる事務折衝(プロジェクトレビュー)を終えて記者会見を開き「東京や日本を(世界に)披露できるよう良い形で進められている」と話した。

感染が拡大している新型コロナウイルスについては、来日する選手や観客に「日本当局によるルールに基づいて検疫などを受けてもらう」と説明した。聖火リレーが広島市を通る5月にはIOCのトーマス・バッハ会長が訪れ、平和記念公園で献花する予定も明らかにした。

昨夏のテストイベントで懸念されたトライアスロン会場となる東京・お台場の海水温については、水流発生装置を置いて水温を下げる考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン