/

奈良の飲食店・ホテルがマスク提供 「安心して観光を」

新型コロナウイルスの感染拡大で品薄となっているマスクについて、奈良市の飲食や宿泊業の13社28店舗が当面の備蓄品を利用者に無料提供する取り組みを始めた。各地で観光客が激減する中、安心できる奈良観光をアピールするのが狙い。

備蓄しているマスクを先着で合計約1万枚まで配る予定。レストラン利用者や宿泊客らの求めに応じ1人1枚提供し、そのまま観光や街歩きで使ってもらう。

ブライダルやレストランを手掛ける「ディライト」(奈良市)などが呼びかけ、飲食店や宿泊施設など13社が賛同した。市観光協会なども協力しており、参加店舗はさらに広がる見通しだ。

奈良でも中国からの訪日客を中心に観光客が激減。奈良公園周辺の飲食店では売り上げに大きな影響が出ているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン