IRのゲンティン・シンガポール、横浜参入に専念

2020/2/14 18:46
保存
共有
印刷
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)の大手、ゲンティン・シンガポールは14日、日本でのIR計画について横浜市への参入に専念すると発表した。これまで大阪府・市への進出に興味を示していたが「多くの株主の意見を慎重に検討した」結果、大阪へのIR参入を断念したという。

ゲンティン・シンガポールがシンガポールで展開するIR施設

横浜市でのIR整備方針については「(国際会議や展示会など)MICEや多彩なレジャー施設の導入により、世界で最も卓越した観光地とすべく、魅力的な提案を提供できるよう全力で努める」とした。同社は1月29~30日に横浜市の国際展示場「パシフィコ横浜」で開かれたIR関連の見本市にも出展していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]