/

ヤフー、100人超す会合参加を禁止 新型肺炎対策で

(更新)

ヤフーは14日、新型肺炎の影響を避けるため、約6500人の全社員に対し、100人以上が集まる会合への参加を原則禁止した。仕事で訪れるセミナーなどのイベントの参加に加え、会合を主催することも禁止の対象にした。期間は未定としている。プライベートでの参加は規制していない。

通勤時間帯の出勤を避けることも求めた。フレックス勤務制度でのコアタイムは通常、午前10時から午後3時までだが、同日、正午から午後3時までに短くした。

英資産運用会社の日本法人であるシュローダー・インベストメント・マネジメント(東京・千代田)は社員に対し、週明け17日から原則在宅勤務するよう指示した。やむを得ず出勤する場合は時差出勤により人混みを避けるよう推奨する。

シュローダーの日本法人の社員は約100人。来週から実施し、感染の拡大状況などをみて延長する。

ヤフーは16日までに、新型肺炎の影響を避けるために社員の開催や参加を原則禁止とする100人以上の会合やイベントの対象に「プライベートの行動は含まない」との認識を示した。日本経済新聞はヤフーへの取材に基づき、本紙および電子版で私用も対象だと報道したが、同社の申し入れに応じて電子版を修正した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン