出光、昭シェルとの統合作業完了 4月に社員を承継

2020/2/14 18:30
保存
共有
印刷
その他

昭和シェル石油と経営統合した出光興産は14日、昭シェルの社員を出光に承継させるための会社分割を4月1日付で実施すると発表した。昭シェルの事業については2019年7月に先行して承継済み。今回の社員の承継で、一連の統合作業が終了する。事業や社員の一体化で早期の相乗効果の発揮をめざす。

昭シェルから全社員との雇用契約に関する権利義務を分割する形で切り離し、出光が引き継ぐ。出光と昭シェルは15年に経営統合で基本合意したが、出光創業家との対立で時間を費やした。19年4月に出光が昭シェルを子会社化する形で統合を果たした。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]