/

この記事は会員限定です

越前箪笥、今風商品を創出 組合理事長の松井氏に聞く

[有料会員限定]

福井県越前市の中心部、通称「タンス町」に「越前箪笥(たんす)会館」が昨年10月末、完成し、製品や技術の紹介を始めた。越前箪笥は経済産業大臣指定の伝統的工芸品だが、和だんすの需要が低迷する中、事業者の数も減少している。新設された会館を運営する越前指物協同組合の松井建士理事長(松井産業社長)に業界の現状と会館の活用方法などを聞いた。

――会館建設の狙いは何ですか。

「もともと越前市工芸開放試験場の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン