/

キオクシア、19年4~12月期の最終赤字1765億円

半導体大手のキオクシアホールディングス(HD、旧東芝メモリホールディングス)が14日発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は最終損益が1765億円の赤字だった。前年同期の最終損益は未公表だが、黒字だった。データセンターへの投資の一服を背景に主力のメモリーが低迷したことなどが響いた。

19年10~12月期の最終損益は253億円の赤字(前年同期は299億円の黒字)だった。低迷していたメモリーの販売単価は上昇に転じたが、黒字転換には至らなかった。売上高は前年同期比18%減の2544億円。キオクシアHDのメモリー販売単価(記憶容量ベース)は7~9月期に比べ5%前後の上昇に転じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン