/

JR水郡線、21年夏にも全線復旧へ

橋脚を従来の6本から1本にして復旧を急ぐ(完成イメージ、JR東日本水戸支社提供)

JR東日本水戸支社は14日、2019年10月の台風19号の影響で西金―常陸大子間で運休しているJR水郡線を、21年夏にも全線で運転再開すると発表した。運休区間のうち西金―袋田間は20年7月上旬に再開する予定で、被災した橋梁の復旧には約1年半かかる見込みだ。

JR水郡線は台風19号での河川増水により、橋梁の流失などの被害を受けた。同規模の増水が起きても被災しないよう桁下に十分な高さを確保する。橋脚も従来の6本から1本にして流失リスクを減らしつつ、早期復旧も図る。工事費は十数億円に上る見込みで、同社が全額負担するという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン