ミュンヘン安保会議が開幕 「消える西側」に危機感

中国・台湾
ヨーロッパ
北米
2020/2/14 17:31
保存
共有
印刷
その他

【ミュンヘン=石川潤】100人を超える各国の首脳・閣僚級が集まるミュンヘン安全保障会議が14日、開幕した。今年のテーマは「消える西側(Westlessness)」で、国家資本主義やポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭で脅かされる民主主義や法の支配といった価値観をどう守っていくかを話し合う。ただ、イラン問題などで米欧の結束は大きく乱れており、溝の深さを際立たせてしまうリスクも残る。

会議にはマクロン…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]