/

この記事は会員限定です

味付きビーフン、米国の食卓へ ケンミン食品

[有料会員限定]

米粉でつくるビーフンの最大手、ケンミン食品(神戸市)が狙いを定めるのは米国の食卓だ。日本で過去20年間に2億食販売した主力即席麺「焼ビーフン」の米国用の商品を1月、全米で発売した。従来、ビーフンの海外事業は他国企業からの受託生産だけだった。小麦を使わない食事「グルテンフリー」の需要が底堅いうえ、味付き商品という特長を生かせるとみた。

2018年7月、ロサンゼルス。高村祐輝社長は米小売り最大手、ウォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン