国際法人税改革で1000億ドル増収も OECD試算

税・予算
経済
2020/2/14 21:06
保存
共有
印刷
その他

経済のデジタル化に対応した法人課税ルールの見直しについて、経済協力開発機構(OECD)は13日、税収への影響試算を公表した。グローバル企業の法人税の一部を本社などの拠点がある国から消費者のいる国に振り分ける「デジタル課税」と、各国共通の最低税率の導入で、世界全体で税収が最大1千億ドル(10兆円超)程度増えると見込んでいる。

ルール見直しは、OECDが事務局となり、約140カ国の税務当局が議論をし…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]