/

この記事は会員限定です

中国の海洋進出 東南ア抵抗強く R・ヘイダリアン氏

コラムニスト・作家

[有料会員限定]

中国は何十年にもわたり、経済援助や軍事的威嚇、外交攻勢を通じ近隣諸国を取り込み、自国の海洋進出を黙認させようとしてきた。だが東南アジア諸国連合(ASEAN)のベトナムやマレーシア、インドネシアは南シナ海を巡り、あらためて異を唱えた。アジア地域の地政学的な勢力バランスに影響が生じている。

2019年、中国の調査船は南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島のベトナム排他的経済水域(EEZ)で3カ月以上にわた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン