ルノー、10年ぶり最終赤字 ゴーン路線が裏目に

日産の選択
自動車・機械
ヨーロッパ
2020/2/14 16:50
保存
共有
印刷
その他

【パリ=白石透冴】仏自動車大手ルノーが14日に発表した2019年12月期連結決算は最終損益が1億4100万ユーロ(約167億円)の赤字(前の期は33億200万ユーロの黒字)だった。赤字は09年以来10年ぶり。日産自動車の業績不振の影響を受けたほか、元会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン被告が注力した高級車も売れ行きが振るわなかった。

ルノーは株式の43%を保有する日産の業績を「持ち分…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]