テレ東番組「問題なし」 BPO、アレフ取材で

2020/2/14 16:38
保存
共有
印刷
その他

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は14日、オウム真理教の後継団体「アレフ」の動向を報じたテレビ東京の番組を巡り、信者が肖像権の侵害などを申し立てた事案で、「侵害はなく放送倫理上の問題もない」との見解を示した。

ただ、同局は2014年、アレフ信者のプライバシーに配慮を欠いたとして倫理上の問題を指摘されており、BPOは再発防止の徹底を求めた。

審理されたのは18年5月16日放送の報道番組「ゆうがたサテライト」。アレフの札幌道場前で信者に取材した際、信者の声の一部を加工せずに報じた。人権委は、信者の肉声の一部が流れたのは編集上のミスで、顔にぼかしをかけていたと指摘。「取材法も倫理上問題ない」と認定した。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]