/

この記事は会員限定です

淡水魚と野菜を循環生産、北海道で「アクアポニックス」

[有料会員限定]

北海道深川市で7月、食用の淡水魚養殖で出るふんを肥料に野菜を栽培する施設が稼働する。欧米で普及し始めている「アクアポニックス」という手法で、廃棄コストの削減や環境負荷の低さに注目が集まる。廃校になった中学校の敷地と建物を活用し、人気の高い白身の淡水魚と低農薬の野菜を同時に生産する。

アクアポニックスは魚の養殖をさす「アクアカルチャー」と水耕栽培の「ハイドロポニクス」をかけ合わせた造語。野菜を収穫し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン