林幹事長代理「解散は五輪以降」

2020/2/14 16:28
保存
共有
印刷
その他

自民党の林幹雄幹事長代理は14日、BSテレ東「NIKKEI日曜サロン」の番組収録で、次の衆院解散・総選挙の時期について「東京五輪・パラリンピックが終わったらいつあってもおかしくない」と述べた。安倍晋三首相が自ら解散に踏み切る場合は政権の求心力を保つため、党総裁4選への意欲を表明し総選挙に臨む可能性が高いとの見方を示した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]