2/20 5:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  3. 3位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  4. 4位: NYダウ反発、上げ幅一時100ドル高 中国関連株に買い
  5. 5位: 東証、3市場移行は22年4月 「新1部」基準適用に猶予[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,368,849億円
  • 東証2部 73,901億円
  • ジャスダック 95,867億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.14倍15.86倍
株式益回り6.60%6.30%
配当利回り1.98% 1.98%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,400.70 +206.90
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,370 +170

[PR]

スクランブル

フォローする

崩れる「減損は買い」 製造業の構造不況を警戒
証券部 二瓶悟

2020/2/14 15:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場で日本の製造業の長期的な競争力への懸念が深まっている。かつては「減損損失の計上に踏み切った企業の株価はその後上昇する」という経験則があったが、直近は「減損は売り」に流れが変わっている。投資家は、負の遺産の一掃で「稼ぐ力」を取り戻すという復活シナリオに懐疑の目を向けている。製造業の株価低迷が続けば、欧米株に対する日本株の出遅れが長引きかねない。

14日の東京市場では、前日に決算発表した銘柄…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム