ダシ文化の継承担う、昆布老舗の神宗社長 小山鐘平氏

2020/2/14 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

江戸時代の北前船に由来する大阪伝統の昆布産業。産地の北海道で昆布がとれず、原料が不足する昆布危機に現在直面している。創業1781年の昆布の老舗、神宗(かんそう、大阪市)の9代目社長の小山鐘平氏(36)は昆布危機の対応に奔走して、関西のダシ文化の継承に注力する。

兵庫県宝塚市出身。メルシャンを経て、神宗創業家出身の夫人の家業を手伝うために2009年、入社した。義理の父で先代社長の尾崎彰広氏は文楽の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]