/

朝ドラ主役の窪田正孝 三池監督と「10年後」の縁

日経エンタテインメント!

NHK連続テレビ小説『エール』で窪田正孝が演じるのは、昭和という激動の時代に数々の名曲を生み出した福島出身の作曲家・古山裕一だ。前回「窪田正孝 主役の感覚、30代の今は20代と全然違う」では、その撮影にあたり感じていることや思いを聞いた。今回は2月28日公開の主演映画『初恋』について語ってもらった。

1988年8月6日生まれ、神奈川県出身。2006年俳優デビュー。映画『東京喰種トーキョーグール』シリーズ(17、19年)、ドラマ『僕たちがやりました』(17年)などに出演。2020年は、2月28日に映画『初恋』が公開、NHK連続テレビ小説『エール』が3月30日スタート(写真:藤本和史)

年数を重ねたことで変わる、立場と演技。朝ドラとは別にそれを意識して見てみたい、もう1つの作品が主演映画『初恋』だ。メガホンを取ったのは、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17年)や『ラプラスの魔女』(18年)などで知られる"鬼才"三池崇史。08年のドラマ『ケータイ捜査官7』で、駆け出しだった窪田を主演に選び、「10年後に窪田を選んだ理由が分かる」という言葉を残した人物でもある。それから10年あまりの時間を経て、満を持しての再タッグとなった。

「三池さんの『10年後に分かる』という言葉をずっと頭の片隅に置きながらやってきた部分が、自分の中にはあって。『ジョジョ』などで自分に年齢が近い俳優さんが出ていたら『いや、出してくれよ』と思うこともあったし(笑)。

そんななかで、本当にたまたま『ボクサー役をやりたい』って話をしていたら、1カ月後くらいにマネジャーから『ボクサー役の話をいただきました』って台本を渡されて、その最初に"三池崇史"と書いてあって。何かすごく縁を感じました。10年あまりで得たものをここで少しでも返せたらと思ったし、現場ではもちろん物語を第一にしながらも、どこかで『三池さんを納得させたい』っていう気持ちが強かった気がします」

余命わずかと宣告されたボクサーの葛城レオ(窪田)が、ヤクザに追われる少女・モニカ(小西桜子)を助けたことから始まるラブストーリー。作品は日本公開に先駆けてカンヌ国際映画祭監督週間部門に出品され、すぐに全米100館規模での公開と、30以上もの映画祭への参加が決定した。昨年、三池とともにカンヌとマカオ国際映画祭に出席した窪田は、そこで"世界のミイケ"を目の当たりにしたそうだ。

(写真:藤本和史)

「三池さんという方は、本当に型にはまらない人。日本にはいない監督だと思います。一緒に取材をしていても『ジャンルを意識したことはない』って強く言われていたし、この映画の一報出しでも『さらば、バイオレンス』と大きく言っていましたけど、『ヤクザや薬が絡んできますけど、そう言っちゃって大丈夫ですか?』って(笑)。でも監督の中では完全にラブが成立していて、監督に『これが愛情なんだ』って言われたら、それが作品の色になるんです。実際に完成した映画を見てみたら、その愛は確かに、すごく感じたし。

海外に出すからっていうこだわりも一切ないんですよ。自分が面白いと思ったものを、ただ突き詰めてやる。やっていることはすごくアウトローなのに、でも映画にはちゃんとエンタテインメント性が生まれる。『戦うことってすごいな』って、一番近くですごさせてもらって、とても感じました」

レオとモニカを追う人々には、内野聖陽や大森南朋、染谷将太やベッキーといったクセのある俳優がずらりと顔をそろえる。物語上で大暴れする彼らを見て、窪田は「うらやましくて仕方なかった(笑)」と言う。

「レオにもボクシングという逃げというか、暴れ場所が1つだけあったので、そこではミットでも何でも思いっきりいかさせていただきました。『僕も40代、50代になったら内野さんや南朋さんみたいなポジションをやりたいな。使ってね、監督』って、ひそかに思っています(笑)」

"メジャー"でいることの苦しさ

数々の映画祭に出品される作品の主役を演じ、次期朝ドラ主演も決まっている。誰がどう見ても「大きな波に乗っている俳優」だと感じると思うが、窪田自身の中では違う思いが渦巻いているようだ。

「朝ドラは久しぶりの男性主役で、世間的にも注目度が高い。それはすごく感じます。でも自分は、あんまりそこに……価値っていうのかな。そういうものは、持っていなくて。マイナーな映画だろうが何だろうが、変わらないんですよ。僕は別にメジャーになりたいわけでも、名を残したいわけでもなくて、純粋に映画や芝居が好きで、芝居というものをずっと突き詰めてやっていきたいという思いでしかないんです。でも、そうやって面白いことだけをやっていきたい……と考えていくと、メジャーで居続けることは難しいのかもしれないという思いが出てくる。例えば俳優にだってアウトローな生き方をすることはできると思うし憧れもするんですけど、でも、それをするにはどうしても、露出は減るといったように、何かを捨てなきゃいけない。自分はやっぱりまだ途切れず仕事をしていたいとは思うし……という、今、すごくその、せめぎあいの渦中にいます」

20年には小栗旬が5月公開のハリウッド映画『GODZILLA VS. KONG』に出演。山下智久も日欧共同製作配信ドラマ『THE HEAD』(春公開予定)で全編英語の役に挑むなど、近年は海外進出に目を向ける俳優も多い。三池のようなアウトローさは海外に出ることでかなう部分もあるかもしれないが、その思いは窪田自身にはあるのか。

「日本で思った通りやっていくのって難しいかもしれないなとは思っていますけど、かといって海外の作品に出たいとは、正直思っていないです。英語も話せないし(笑)。確かに一人歩きをして海をも超えて広がっていく映画を作れる三池さんがすごいなと思ったし、その瞬間、三池さんがすごく遠くの人にも感じてしまったんですけど、自分もそうなりたい、そこに追いつきたい、と思うのは多分、今じゃないのかなって。むしろ三池さんの存在がより大きくなった分だけ、日本でもっと頑張らなきゃいけないなっていう気持ちになったというか。

今は朝ドラの撮影をやらせていただいていて、そこでは交じり合うことはないかもしれないけど、僕が三池さんと唯一交じり合えるのは、現場での『監督』と『役者』というところでしかないから。そのなかでも『芝居をする』っていう、その一瞬だけ。あくまでもその一瞬のなかでどれだけ伝えられるか、というのが自分の中で一番大事にしていることなので。さらに年齢を重ねていって5年後、10年後になったら、きっと求められる役も変わってくるだろうし、自分が今いる場所には当然、新しい人が座る。そうなったときに初めてまた新しい視野が広がるのかもしれないなと思っています」

今後は「どの人と何をやるか」

「俳優をしていて楽しいことは?」という質問には、悩んだ末に「いろんな人と出会えることでしょうか」と答えた窪田。その彼が目指す、今年の自分の姿とは?

「朝ドラの1年だなと思っています。音楽を題材にした朝ドラは珍しいと思いますし、音楽ってお芝居よりも、もっと人に近いものがあると思うので。僕も今回撮影を通して音楽に絡んでみて、すごく深くて面白いものだなと感じました。みなさんにもこの作品を通して、朝から爽快な気持ちになってもらえると思います。

そして僕自身としても、今の日本にはなかなかない長さの撮影期間にどっぷりと浸かったからこそ出せる役の重みを、しっかりと出していきたいです。そしてその後は、『やりたい役や作品』というよりは、『どの人と何をやるか』ということのほうが自分にとって重要なことになってくるんじゃないかなと考えていますね。もちろんそのなかに三池さんはいるし。というか、いてほしいです」

『初恋』
 孤高の天才ボクサー・葛城レオ(窪田)は、ある日、病院で余命わずかだと知らされる。自暴自棄になるなか、レオは何者かから必死に逃げるモニカ(小西桜子)と遭遇。追手を倒して救うレオだったが、知らぬ内にヤクザの抗争に巻き込まれ…。(2月28日公開/東映配給) (C)2020 「初恋」製作委員会

(ライター 松木智恵)

[日経エンタテインメント! 2020年2月号の記事を再構成]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン