/

この記事は会員限定です

静岡の丸富製紙、植物性素材で芯無しトイレ紙の強度向上

[有料会員限定]

再生トイレ紙大手の丸富製紙(静岡県富士市)は植物由来の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」を芯なしトイレットペーパーの中心部に使用して強度を20%高める技術を開発した。CNFの軽くて強い特長を生かし、中心部が変形しやすい芯なしペーパーの欠点を補った。芯なしの全製品でこの方式を採用し、2022年3月期にグループ全体で売上高500億円を目指す。

芯なしペーパーの中心部の穴の内部は従来、鉄の棒に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り840文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン