2/20 5:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ反発、上げ幅一時100ドル高 中国関連株に買い
  4. 4位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  5. 5位: 東証、3市場移行は22年4月 「新1部」基準適用に猶予[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,368,849億円
  • 東証2部 73,901億円
  • ジャスダック 95,867億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.14倍15.86倍
株式益回り6.60%6.30%
配当利回り1.98% 1.98%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,400.70 +206.90
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,370 +170

[PR]

マーケットニュース

フォローする

新型肺炎、米国経済に波及? 「履歴効果」の教訓(市場点描)

2020/2/14 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型肺炎が米国経済に長期的な悪影響を与える懸念があるという警戒論が浮上している。インベスコ・アセット・マネジメントの木下智夫グローバル・マーケット・ストラテジストは、新型肺炎をきっかけに、米国の設備投資や消費が予想以上に下押しされる可能性に警鐘を鳴らしている。

木下氏が着目するのは経済学で「ヒステリシス(履歴効果)」と呼ばれる現象。一時的なショックとみられた出来事が、長期にわたって企業や個人の行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム