山形、大沼破綻で百貨店ゼロ県に 中心部の大型店消滅

2020/2/16 15:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大沼のシャッターには自己破産の告示書が掲示された(1月27日、山形市)

大沼のシャッターには自己破産の告示書が掲示された(1月27日、山形市)

山形市の百貨店、大沼が経営破綻して3週間が経過した。190人が即日解雇され、テナント従業員も含めた大規模な雇用問題が発生。かつて10店近くあった中心市街地の大型店が全て姿を消したことで、中心市街地活性化は抜本的な見直しを迫られている。日本百貨店協会に加盟するデパートが無くなった県は山形が初めてだが、全国の地方都市の先行事例といえそうだ。

「土日のバレンタインフェアは行列ができていたのに」「厳しいとは思っていたが突然閉店とは……」。創業320年の大沼は1月26日の閉店後に従業員に解雇を告げ、27日に自己破産申請した。シャッターには破産手続き開始の告示書が張られ「いよいよ街中で買い物するところが無くなった」との声が聞かれる。

過去にも閉店や企業の倒産はあったが、「事前準備もなく、数百人規模の従業員が一度に解雇されるのは例がない」…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]