/

この記事は会員限定です

源氏物語、新たな現代語訳次々 角田光代氏ら解釈多彩

[有料会員限定]

「源氏物語」の新たな現代語訳が次々に登場している。現代作家や研究者が翻訳するほか、海外で広く読まれる英語版を邦訳している。多彩な訳が千年前の古典の新しい魅力を浮かび上がらせる。

「いざ現代語訳に取り組んでみたら、どんな風に解釈しても動じない強靱(きょうじん)な物語だと感じました。私は女性の心理や感情に寄り添うように読んだが、それ以外の様々な読み方もできる。(古典だからと)遠ざけてしまうのはもったい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン