公共工事労務単価2.5%上げ 国交省、9年連続引き上げ

経済
2020/2/14 12:16
保存
共有
印刷
その他

国土交通省は14日、国や自治体が公共工事の費用を見積もる際に使う労務単価を3月から全国平均で2.5%引き上げると発表した。引き上げは9年連続。求人難による賃金の上昇を反映した。1日8時間労働で2万214円となり、単価の公表を始めた1997年…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]