[FT・Lex]存在感誇示を狙う米FTC

北米
FT
2020/2/14 11:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

テック企業に厳しい姿勢で臨むのはもはや欧州当局だけではない――米規制当局はそう知らしめたいのかもしれない。米連邦取引委員会(FTC)は米アップル、グーグル親会社のアルファベット、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、マイクロソフトの5社が過去10年間に実施した数百件に上る小規模買収案件を調査すると決めた。これはFTCの反トラスト法(独禁法)に基づく調査範囲が大幅に拡大することを意味する。ただし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]