2/27 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ウイルスが試す投資家の平常心 長期化見据え銘柄選別[有料会員限定]
  2. 2位: EY新日本やデロイトトーマツなど、原則在宅勤務に 3月13日…
  3. 3位: レオパレス、ファンド提案を否決 臨時株主総会[有料会員限定]
  4. 4位: 株主総会、新型コロナ対応に苦慮 ネット中継のみは不可、感染防…[有料会員限定]
  5. 5位: 日経平均一時2万2000円割れ、市場関係者の見方は[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,968,083億円
  • 東証2部 68,063億円
  • ジャスダック 88,221億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率14.21倍14.89倍
株式益回り7.03%6.71%
配当利回り2.14% 2.16%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,948.23 -477.96
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
21,850 -480

[PR]

マーケットニュース

フォローする

VR・AR普及のインパクト(十字路)

2020/2/14 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仮想現実(VR)や拡張現実(AR)が注目を集めている。VRはコンピューターグラフィックス(CG)技術などを使い、あたかも現実世界にいるような感覚を与える技術である。ARは現実の風景にCGなどを重ね合わせて表示する技術だ。これらが娯楽だけでなく、幅広い産業で使われ始めた。

例えば何もない場所に新しい空間を作りだし、そこで社員教育や業務を行う企業も増えている。

自動車の修理作業にARを導入、現場で技…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム