和歌山県の医師が新型肺炎感染 発熱後も勤務

新型肺炎
関西
2020/2/13 23:26
保存
共有
印刷
その他

和歌山県で新型コロナウイルスの感染が判明した50代の男性医師は発症直前の海外渡航歴はなく、現時点で明確な感染経路も判明していない。県の仁坂吉伸知事は13日夜、「国内感染は間違いない」と話し、医療機関の関係者にも感染が広がったことに危機感を強めた。男性医師は病院に出勤していたことも分かり、県などは市民に対し体調に異変があれば保健所などに相談するよう呼びかけている。

「どのように感染したか分からない…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]