/

この記事は会員限定です

古巣打線に小笠原コーチの喝 日本ハム

プロ野球キャンプリポート

[有料会員限定]

「まだやっているのか」。12日夕方、メインのグラウンドを訪れたOBが目を丸くした。若手野手がずらりと並んでの打撃練習。5年ぶりに沖縄・名護でキャンプインした日本ハムが新装された球場を使い倒している。

自主性を重んじたトレイ・ヒルマン監督の時代から日本ハムのキャンプは全体練習が短めだった。それが今年は一変している。日暮れまで続く打ち込みにトレーニング。ナイター照明を使う日もある猛練習ぶりだ。

その中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン