/

和歌山で男性医師が新型肺炎感染 県が対策本部設置

(更新)

和歌山県は13日、県内に住む50代の男性外科医が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。肺炎を発症し入院している。県は同日、対策本部を設置し、対応を協議した。

県によると、外科医は県内の病院に勤務している。他の医師や病院の患者ら県内に住む日本人の検査もしているという。病院は新規の患者受け入れを停止。県は院内で接触した人に対するウイルス検査を進める。

男性は1月31日に発熱。今月8日にコンピューター断層撮影装置(CT)による検査で肺炎の症状が見られ、10日に入院した。発病前14日間の海外渡航歴はなく、中国から来た人と接触があるかどうかは不明。

和歌山県に隣接する奈良県では1月28日、中国湖北省武漢市からのツアー客を乗せたバス運転手の60代男性が日本人で初めて感染したことが判明。その後回復し、厚生労働省の基準を満たしたため退院した。京都市でも市内の物販店で働く20代の中国人男性の感染が明らかになっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン