広島の府中焼き カリカリ食感、お好み焼きの進化形
出張ご当地グルメ

出張ご当地グルメ
中国
広島
2020/2/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島県民のソウルフード、お好み焼き。この"進化形"ともいえるのが同県府中市の「府中焼き」だ。一般に知られる広島お好み焼きに比べてカリカリのクリスピー感が特徴。旧国名を冠して「備後府中焼き」とも呼ばれ、市内や隣の福山市に40以上ある提供店はリョービや北川鉄工所といった地元企業が宴会や接客に使うことも多い。

カリカリの理由は豚バラ肉の代わりに牛や豚のミンチ肉(ひき肉)を使うため。生地、麺、キャベツ、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]