大家と起業家をマッチング 静岡・沼津の小松浩二さん
静岡きらり人財

2020/2/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中心市街地の空洞化に悩む地域は多い。かつて「商都」と呼ばれ、買い物客でにぎわった静岡県沼津市も例外ではない。どうすれば活気を取り戻せるのか――。リノベーションとマッチングにその解を見いだしたのが、一般社団法人lanescape(沼津市)の小松浩二代表理事だ。

借り手が見つからず放置されている古い物件と、家賃など条件の合う物件を見つけられない起業家。交われなかった両者をつなぐ。手法は様々だが、基本…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]